コミック

東村アキコさんの「かくかくしかじか3」読んだ

今日、かくかくしかじか 3 (愛蔵版コミックス)買いました。

びわの絵の表紙が素敵。

 

自伝的漫画なんですが、勝手に自分と似ているところがあって親近感を持ち、東村さんの作品は結構読んでいます。 

 

仕事と絵の教室に追われ、まったく時間のない中に書き上げた漫画がいきなり入賞する…という流れがあるのですが、逆に時間がありすぎてぼーっとしていたらそんなエネルギーは出てこないかもしれない、と共感。

実際、自分も本業は暇とか言いつつも週5日、通勤時間含めて10時間ぐらいは取られているし、家庭の事情で色々あって休みの日も1人になることがあまりない。けど、自分がやりたい!!と思ってブログを夜な夜な更新したり、限られた時間で必死に考えたり…勢いも大切だなぁ。続ける方がもっと大切で難しいけど(^-^;

 

今回のオマケ漫画で、

漫画家さんは記憶力がいい人が多い、色んな瞬間を絵で覚えている感じがします

 ってのがあったんですが、自分も昔は絵がうまいと言われ調子に乗ってた時期もあったんですがw昔のことをすごく良く覚えていて、幼稚園ぐらいから最近のこと、昔見たアニメや漫画、テレビ、引越しした家の中とか鮮明に覚えています。

小学生の時のお絵かきとか、写生大会はいつも入賞していて、絵が得意じゃない子にどうしたらうまくかけるの?って聞かれて、「見たまま書けばいいんだよ」とか言ってた記憶がwww習ったことはないけど、見たまま書けたんだよなぁ…

 

漫画家にもなりたかった時期があった。

道具全部買ったり実際に書いていたこともあったけど、すぐ辞めた。毎日何かしら絵を書いて、頑張ろうって意気込んでいたのに。

 

きっとその時ニートだったからかなw

 

ちなみにもう絵は描いてないので超絶下手ですwww

 

かくかくしかじか 3 (愛蔵版コミックス)

かくかくしかじか 3 (愛蔵版コミックス)

 
関連記事