母になる1話ネタバレあらすじ感想 沢尻エリカ息子役は道枝駿佑 関西ジャニーズ!家族とは何?

沢尻エリカさん主演の「母になる」1話ネタバレあらすじを最後までまとめています。初めての母親役、息子の誘拐というセンセーショナルな内容であることや、小池栄子さん・板谷由夏さんとの共演などで放送前から話題になっているドラマです。

3歳の春、愛する息子が誘拐。そして9年後、13歳になった息子が現れる。空白の9年間を埋められるだろうか?子供にとって母親とは何か?家族とは?を問うストーリー。母親である人もそうでない人も大注目のドラマです。

※ネタバレですので、ドラマをこれから見る方はご注意ください※





母になる1話ネタバレあらすじとキャスト 相関図

キャスト

柏崎結衣:沢尻エリカ 
柏崎陽一:藤木直人 
木野愁平:中島裕翔 
柏崎広:道枝駿佑 (関西ジャニーズJr.) 
緒野琴音:高橋メアリージュン 
西原太治:浅野和之 
柏崎里恵:風吹ジュン 
西原莉沙子:板谷由夏 
門倉麻子:小池栄子

主題歌は安室奈美恵さんの「Just You and I」です。自身も母親である安室奈美恵さんの楽曲は壮大なバラードで、ドラマにぴったりですね。





今回のドラマ「母になる」は原作なしのオリジナル作品です。脚本は水橋文美江さんで、自身も2児の母。フジテレビディレクターと結婚されています。最近だと「早子先生、結婚するって本当ですか?」などを担当していました。

母になる事が自然だと思っていた女性「結衣(沢尻エリカ)」、良い母になれないと悩む女性「莉沙子(板谷由夏)」、どうしても母になりたかった女性「麻子(小池栄子)」そんな3人の女性が母になる。

3歳の春、愛する息子が誘拐された。いつもの幼稚園の帰り道。繋いでいた手を離した、ほんの一瞬。目を戻すと、そこに息子はいなかった。そして9年の月日を経て、13歳になった息子が現れる。空白の9年間を埋められるのだろうか?一度壊れた家族をもう一度取り戻せるのだろうか?息子と母、妻と夫、その間にあるかけがえのない何か。家族になるとはどういうことなのか?そして、「母になる」とはどんなことなのか?このドラマは今を生きる3人の女性が『母になる』までの物語。

相関図はこちら。

「母になる」公式HPより

母になる1話ネタバレあらすじを最後まで

2001年春・出会いと結婚、出産

両親を亡くし北海道から単身上京した結衣(沢尻エリカ)は勤め先の書店で大学講師の柏崎陽一(藤木直人)と出会う。時間をかけながらも二人の距離はゆっくりと縮まっていき、やがて結衣が息子の広「コウ」をお腹に宿したことをきっかけに、二人は結婚する。
陽一の母、里恵(風吹ジュン)から結衣は温かく迎えられる。陽一の上司である西原太治教授(浅野和之)も、キャリアウーマンの莉沙子(板谷由夏)とできちゃった結婚すると宣言。結衣と莉沙子は、母親になる不安を抱えつつ励まし合う。

 

2008年春・誘拐





3歳になった広(吉武歓)の存在は柏崎家を明るく照らしていた。

そんな時、陽一は、教え子の就職相談を軽くあしらってしまう。反感を持った教え子は逆恨みし、世間を騒がしていた連続幼児連れ去り事件を模倣して、幼稚園帰りに結衣が目を離したスキを狙いコウを誘拐。教え子は陽一に「おたくの息子を誘拐した」とだけ告げて自殺してしまう。コウは捜査もむなしく行方不明のまま。着ていたトレーナーが川で発見されただけだった。

時を同じくして、とあるアパートに暮らすOLの門倉麻子(小池栄子)は、隣の部屋の様子に不審を抱く。ドアを開けてのぞきこんだ麻子は隣の部屋からうめき声を聞いて…。そこにいたのはコウだった。

 

2017年春・再会

誘拐事件から9年。

結衣は陽一と離婚。一人暮らしをしながら中華料理屋で働いていた。





そんな時、児童養護施設に勤めている木野愁平(中島裕翔)から結衣に電話が入る。コウが生きている、施設にいるという内容を聞いて飛んでいくと、そこには13歳になったコウの姿が。コウを抱きしめ号泣する結衣。

コウは誘拐された後、麻子によって発見され、麻子が「母親」になりすまして田舎で暮らしていた。その後、何らかの理由があって施設にー。

コウと再会した結衣はコウを引き取り一緒に暮らそうとするが…。

 

つづく

 

次回予告





9年前に誘拐された息子の広(道枝駿佑)が生きていた-。その事実は、一人で暮らしていた結衣(沢尻エリカ)の生活に明るい光を与える。
一方、離婚後の陽一(藤木直人)は、大学教師をやめ、実家の柏崎オートで引きこもり同然の生活を送っていた。そこへ広の過去について調べている児童福祉司の木野愁平(中島裕翔)がやってくる。

広が養護施設にいることを陽一に知らせにきたのだ。木野は、広について結衣がまだ知らされていないことがあると、広が持っていた手紙の存在を打ち明ける。そこにはある衝撃の事実が隠されていたのであった…。

 

感想・沢尻エリカ息子役の道枝駿佑がかわいい!

沢尻エリカさんの息子役「柏崎広」を務めているのは、幼少期が吉武歓くん、本編メインで出演するのが関西ジャニーズJr.の道枝駿佑くん。

道枝駿佑くんは、2002年7月25日生まれの14歳。Hey! Say! JUMPの山田涼介さんに憧れてジャニーズ事務所に履歴書を送りオーディションを経て、2014年11月にジャニーズ事務所に入所。今回の「母になる」がドラマ初出演となります。今後の活躍も期待できますし、フレッシュな演技やビジュアルも注目を集めそうです。

子役の吉武歓くんもとってもかわいかった!棒読み具合がさらに…。お話はこれからという部分が多いと思いますが、期待通り今後が楽しみになるような展開でした。気になるのは麻子の心情と、空白の期間何をしていたかというところでしょうか。

次回も楽しみです!