ホンダヴェゼル車CM曲サチモス”STAY TUNE”歌詞と動画まとめ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ホンダヴェゼルのCMソング、気になりますよね?疾走感あふれるカッコイイサウンド、洋楽のような、邦楽のような…サチモス(Suchmos)というバンドの曲なのですが、歌詞や動画含めてまとめてみました。

ホンダヴェゼル車CM曲”STAY TUNE” バンド サチモス(Suchmos)について

サチモス(Suchmos)は2013年に結成されたバンド。





現在は6人組で、バンド名の由来は、ジャズミュージシャンのルイ・アームストロングの愛称「サッチモ」からきています。

 

サチモス(Suchmos)メンバー





YONCE(ヨンス・ボーカル)
TAIKING(タイキング・ギター)
HSU(スー・ベース)
OK(オーケー・ドラム)
DJ KCEE (ケイシー・DJ)
TAIHEI(タイヘイ・キーボード)

 

OKとKCEEは実の兄弟、TAIKINGとOK、HSUはそれぞれ幼稚園、小学校からの幼馴染、YONCEとKCEEが高校時代からの知り合い、TAIHEIはHSUの大学の後輩という関係性です。
メンバーそれぞれがロック、ソウル、ジャズ、ヒップホップなど色々な音楽やアーティストから影響を受けているため、音楽性の幅が広いのも特徴的。

ホンダヴェゼル車CM曲サチモス”STAY TUNE”歌詞と動画

ホンダCMソングは、サチモス(Suchmos)の「STAY TUNE」という曲で、2016年1月27日にSPACE SHOWER MUSICより発売されています。

元々は2015年4月に、J-WAVEの『GOLD RUSH』から番組のジングル用に依頼されて制作した30秒ほどの曲でしたが、出来が良く番組に了承を得て本格的に制作することになりました。





「STAY TUNE」の曲をCMで聴いていると、都会的でカッコイイイメージが先行しますが歌詞の内容は都会に対する嫌悪感がメインになっています。

YONCEとHSUの2人が、初めて以下のような最初からテーマを決めて作詞した曲になりました。

・泥酔したり嘔吐している人たちを快く思っていなかった=都会の酔っ払いへの敵視
・「そんなことやってる奴らと気なんか合わないんですけど」といううんざり感
・神奈川県茅ケ崎出身のYONCEの都会への皮肉が込められている

CMで流れている歌詞はこんな感じで歌ってます

Stay tune in 東京 Friday night
Oh Good time 癒えない like The ”Dead risning”soon

詳しい歌詞はこちらから確認してみて下さい。
http://www.uta-net.com/song/200718/

 





タイトルはラジオ用語の「チャンネルはそのままで」の意味で、「Suchmosというバンドにこれからも注目し続けて欲しい」という意図が込められています。

ホンダの「ヴェゼル」という車のCMはこちら。

ミュージックビデオもあります。





 

…日本にもこんな洗練された音楽を創れるアーティストがいたのかという感想です。

音楽プロデューサー・いしわたり淳治氏(Superfly「愛をこめて花束を」など作詞)は、『関ジャム 完全燃SHOW』という番組で「2016年名曲ベスト10」の4位にこの曲を選んでいます。同氏は「アーバンでオシャレな楽曲でこのブレイクはお洒落への憧れが音楽にも及んだ。」とコメントしていました。

2017年も精力的に活動していて、2017年1月にはタワーレコードの意見広告シリーズ「NO MUSIC, NO LIFE.」のポスターに、THE ORAL CIGARETTES、NONA REEVESらと起用されています。

2017年1月25日には2作目のスタジオアルバム『THE KIDS』を発売、オリコンチャートなどで初登場2位を記録。

2017年3月、ペトロールズのトリビュート・アルバム『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?』に参加し、「雨」をカバーしているなど、今後も目が離せないバンドであることは間違いなさそうです。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る