ベッキーユニセフ寄付は嘘捏造!復帰復活はいつ?27時間テレビ?

ベッキーユニセフ寄付は嘘捏造!復帰復活はいつ?27時間テレビ?

 

「ゲスの極み乙女」の川谷絵音さんとの不倫報道で、一躍世間を騒がせたベッキーさんですが、またも衝撃の事実が発覚しました。

 

2月25日発売の「週刊新潮」で、現在活動休止中のベッキーさんがこれまでに日本ユニセフに寄付した募金により、アフリカに5つの校舎が建ったというエピソードが掲載されました。

 

しかし、今回その記事が嘘・捏造であることがわかったのです。





 

本記事では、そんなベッキーさんのユニセフ寄付が嘘・捏造だということや、気になる復帰復活時期についてもチェックしていきたいと思います!

 

ベッキーのユニセフ寄付は嘘・捏造だった!

ベッキー

 





事の始まりは、3月1日。

日本ユニセフ協会が「2016年2月発売の週刊誌記事に関連して」と題したコメントを発表しました。

2016年2月に発行された週刊誌の記事の中で、「ユニセフ関係者が特定個人の寄付履歴を同誌に開示した」といったことを内容とする記述がございますが、そのような情報を当協会が同誌を含む第3者に開示した事実はございません。

本記事掲載前、同誌より電話にてお問い合わせをいただきましたが、「当協会は、個人情報保護と法令順守の理由から、寄付者の同意なく寄付履歴などを開示することはできないし、したがって、寄付の有無についても肯定も否定もできない」と回答しております。

【詳細】www.unicef.or.jp/osirase/back2016/1603_01.html

 

このコメントによると、ユニセフ関係者が個人の寄付履歴を週刊誌に明らかにしたとする記事が事実ではないとされています。

 

これは、雑誌の特定こそされてはいませんが、ここで言う「週刊誌」はまさしく2月25日発売の「週刊新潮」で、ベッキーさんの寄付についての記事のことですね。

 

このことにより、ベッキーさんのユニセフへの寄付は嘘・捏造だったということがわかりました。皮肉にもユニセフ側からの否定によるものですが。

 

このことに関して、とある週刊誌記者は以下のように述べています。

この記事は、ほかにも共演者や関係者に謝罪の手紙を送っており、その数が100通にも及ぶことなど、一貫してベッキー擁護の内容でした。しかし、寄付の話は人柄を表すエピソードではあるものの、騒動の根幹である不貞問題とは無関係。マイナスイメージが払拭できるものではありません。それに加えて日本ユニセフからの反論ですから、結果的にベッキーの足を引っ張っただけですよ。

【詳細】www.asagei.com/excerpt/53915





 

このユニセフ寄付の嘘・捏造が発覚したことにより、ベッキーさん本人だけでなく、事務所に対する世間のイメージも下がってしまったことでしょう。ここまでくると、もはや救いようがありませんね。

 

 

ベッキーの芸能界復帰復活はいつ?27時間テレビとの噂も

ベッキー

 

事あるごとに騒がれ、数多く出演していたテレビやCMでもキッパリと姿を消したベッキーさん。

 

ベッキーさん本人は、芸能界復帰復活に対する意思があるのかどうかはわかりません。一概に言えるのは、ベッキーさん1人の力では決してそれは叶わないということです。これほどの深刻なイメージダウンというのは、そう簡単に拭えるものではありませんからね。

 

しかし、長い芸能生活で培った信頼・親交や、根強いファンの存在がベッキーさんをそう簡単には手放しはしません。

 





芸能界や芸能メディアではベッキーさんの復帰復活を肯定・支援する動きも見られています。以下引用。

○爆笑田中が「ベッキー復帰、それはいいかも」

お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さん(50)は16日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で、14年年末まで放送されていた「笑っていいとも!特大号」の「復活」に言及した時、「ただ、その時に(レギュラーだった)ベッキーをどうするかなんだよ。ベッキーが復帰するとしたら、その場所しかないと思う」と語った。

相方の田中裕二さん(51)も「ベッキー復帰。それはいいかもしれない」とこれに同意した。

 

16年2月21日放送の「世界の果てまでイッテQ」(日本テレビ系)では司会を務めるお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんが出演者のミスにからめて「ベッキー!今ウチはこんな状態だ!」と呼びかけたことに対し、ファンから「(ベッキーさんの)居場所を残そうとしてる」「神対応」と絶賛された。

 

○テレビ局側は「降板考えておらず」

テレビ局側も、ベッキーの完全な「降板」について言及していない。日本テレビの黒崎太郎編成局次長は2月22日、東京・汐留の同局で開かれた4月期番組編成説明会で「4月に降板させるとかはまったく考えていない。休業という形でしばらく続けさせていただきたい」と明言。レギュラー出演していた「イッテQ」や「真実解明バラエティー!トリックハンター」「天才!志村どうぶつ園」については「継続」を発表している。

また、TBSの伊佐野英樹編成局長も24日の定例社長会見で、ベッキーさんがレギュラー出演していた「中居正広の金曜日のスマたちへ」「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」「ライブB♪」の3番組を4月以降も継続すると発表し、代役や降板に関しても「いまのところない」と説明している。

25日発売の「週刊新潮」(3月3日号)はさらに踏み込んだ記事を掲載した。関係者の話から、本人は「年内に離婚するという川谷さんの言葉を信じていた」のだといい、川谷さんとはすでに「絶交」した、と報道。加えて、弁護士による「年内に離婚という情報が交際前に(川谷さんから)伝えられたとすれば不倫に当たらない」とのコメントも紹介されている。まるで、ベッキーさんの「禊(みそぎ)は済んだ」といわんばかりの内容だ。

【詳細】news.biglobe.ne.jp/entertainment/0225/jc_160225_3423797420.html

 

といったように、ベッキーさんが今まで積み上げてきたものも無駄にはならなかったようですね。

 

また、フジテレビ夏の恒例番組「27時間テレビ」でベッキーさんが復帰復活するのではないかという噂も立っています。

 

一部メディアによれば、2016年の27時間テレビの総合司会は、ウッチャンナンチャンで内定しているとのこと。

 

そんな中、ウッチャンこと内村光良さんが「ある計画」を仕掛けるのではないか?と囁かれています。

 





その「ある計画」とは、いわゆる「ベッキー復活計画」というもの。

 

内村光良さんと言えば、数々の芸人を救い、売れっ子にしたことで知られています。

猿岩石の有吉弘行さんに再び脚光を浴びせたのも内村光良さんですし、あのさまぁ~ずを救ったという例もあります。「バカルディ」を「さまぁ~ず」に改名して、ブレイクのきっかけを作ったという有名な話ですね。

 

また27時間テレビと言えば、かつてフライデー襲撃事件で逮捕起訴されたビートたけしさんが、長い謹慎から復帰を果たした番組でもありますよね。当時は、27時間テレビの前身である「1億人のテレビ夢列島」という番組名でした。

 

そんな人情に厚く、広く芸能界で慕われる内村光良さんが27時間テレビの総合司会ともなれば…

ベッキーさんを復活させるのは、27時間テレビが絶好のチャンスだと言えますね。

 

果たして、このチャンスを芸能界や世間、またベッキーさん本人はどう受け取るのか。今後の動向に目が離せませんね。

 

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)