美奈子大家族「ノンフィクション新・漂流家族」後編まとめ 予定日間近!そのとき旦那と子供たちは?

美奈子さんの大家族を追った「ザ・ノンフィクション 新・漂流家族」後半です。

ビッグダディとの離婚後、義人さんと再婚した美奈子さん。ふたりの間に子供もさずかり、おおきな一戸建てで暮らしています。

しかし、思春期を迎えた美奈子さんの連れ子との関係、義人さんとの子育て観の違いなどから喧嘩がたえません。そんな中、美奈子さんが妊娠!身重のカラダでもまた問題が勃発。

予定日が近づく中、美奈子さんと義人さん、子供たちは?

大家族美奈子・義人家プロフィール

お父さん:佐々木義人(ささき よしひと)35歳

お母さん:佐々木美奈子(ささき みなこ)34歳

長男:星音(しおん)18歳

長女:乃愛流(のえる)16歳

次女:姫麗(きらら)13歳

3女:來夢(らいむ)11歳

4女:姫翠(ひすい)10歳

5女:蓮々(れんと)6歳

6女・柚都(ゆづ)0歳

前半の内容はこちら。

大家族美奈子と旦那が凄まじい ザ・ノンフィクション「新・漂流家族」前後編まとめとプロフィール・画像

 

大家族美奈子・義人家ノンフィクション後半まとめ



あらすじ…夫婦は妻・美奈子の出産前に大喧嘩▽そして再び家出を…カメラを前に大激怒▽長男長女との確執は解決せず▽果たして?

2018年6月

佐々木家を訪ねてみると…ひとりしおんさんがソファで寝ていました。一人暮らしをやめて家に戻りましたが、今は何もしていないといいます。この夜、しおんさんは両親にやりたいことがあると伝えます。

ゲームを作る学校へ行きたい、しかしお金がない。家には機材もない…というしおんさんに、美奈子さんは今なにもやってないことを詰めます。義人さんは、しおんさんがバイトをはじめて頑張ったらパソコンを買ってあげたいんだけどどう?と美奈子さんに伝えます。美奈子さんも頑張りは見たいよねと返しました。

義人さんは、仕事と育児、家事にと一生懸命。しかしだんだんとストレスがたまりはじめていました。ドアも閉めない、ご飯もよそわない。なにもしない子供たちに、ついに口を荒げてしまいました。のえるさんやしおんさんはご飯いらない、と冷たい態度。子供たちとの溝は深まるばかり。そしてこの日を堺に、義人さんは出て行ってしまいました。

美奈子さんは、義人さんが自分に何も任せてくれず、俺が俺が!という態度でいることに限界を感じていました。さらに、しおんさんも家を出て行ってしまったのです。

義人さんに話を聞きに会社を訪れました。

義人さんは自分がいない方がいいと思ったから出てきたといい、スタッフに向けても「うるせーよマジで!お前にわかるのかよ!俺がどんな思いしてやってると思ってるんだよ!向こうはなにもわかってないから…子供のことを思って言ってるのに、全部言い返されるんだよ!」

少しトーンダウンした義人さん。朝から晩まで働いているので、少しは家のことを頼むよと思いたい」と心のうちを話しました。

一方、美奈子さんは自分の母親が掃除をしない人で、父親にいつも

3週間後、義人さんを訪ねました。

疲れてたこともあって、あんなことになってしまったけど、もうなくさないといけないねと反省していました。一方、美奈子さんは寝たら忘れるから大丈夫、とおおらかな様子。

2018年11月

義人さんは家に戻っていて、穏やかな表情になっていました。妊娠9か月の美奈子さん。切迫早産の可能性もあり、安静にしているといいます。

この日、定期健診に行った美奈子さん。6女と同じ、無痛分娩を希望していますが、肝機能などの数値が異常で、無痛分娩は難しいと診断されました。



再検査をすると、無痛分娩とか言ってる場合じゃない、と強く医師に言われてしまいます。赤ちゃんのコントロールができる病院じゃないと…と告げられます。美奈子さんは無痛分娩ができない悔しさと、痛みへの不安で情緒が不安定に。

病院からの帰り、義人さんと美奈子さんは口論がはじまりました。義人さんの質問に、美奈子さんはかちんときてしまい、激しく言い合いになってしまいます。雨の中、コンビニいきたいから降ろしてくれといい、タクシーで帰るから先に帰っててという美奈子さん。

れんとちゃんは横で泣いていました。「ママがどっか行っちゃった…」

ひとりコンビニの前で立つ美奈子さんのもとに、れんとちゃんと義人さんは駆け寄り車に載せて帰りました。

美奈子さんは出産が近づきナーバスになっているようでした。義人さんの発言が無神経に思えていました。



しかし、このふたりは喧嘩をしてもすぐ仲直りしています。この日もお皿いっぱいのたくさんの餃子を作りました。もうすぐ生まれるかも…ということでそれぞれ家のことを頼むねと美奈子さん。

家を出た長男のしおんさんに会って話を聞くと、仕事はIT系のをやろうとしていると話し、もう実家に戻る気はないといい、美奈子さんに子供が生まれることも自分には関係ない、かかわらないつもり。縁も切ろうと思っているといい、冷めきっていました。

義人さんはしおんんさんについて、もう口出しはしないとし、なんでもいいから仕事をやり続けて欲しいと話しました。美奈子さんはほっといてもいいと思う、といいます。自分が結婚するときに親の考えや感じ方がわかればいいかな、と話しました。

11月28日、美奈子さんは子宮口が4センチ開き、分娩室に。

その後、無事女の子の赤ちゃんが生まれました。義人さんはうれし泣き。

美奈子さんの体調もよく、気遣う義人さんに涙。



女の子の名前は「小雪」ちゃんだそうです。3700グラムという過去最大の大きさだったそう。

「俺が頑張るしかない、仕事も子育ても、家族のために生きていく」と決意を新たにした義人さん。小雪ちゃんという名前は義人さんが、自分の母親が「ユキ」だったから、ゆきという名前をつけたかったそうです。

一週間後、美奈子さんが退院し赤ちゃんとともに帰宅。クラッカーと飾り付けでお出迎えします。ケーキでお祝いし、順番にだっこします。子供たちは美奈子さんに退院祝いの寄せ書きを渡しました。

すると今度は、美奈子さんに小さな包みを渡しました。中は、結婚してから初めて渡すという指輪!美奈子さんはありがとう、と泣きまくり。「頑張ったからねありがとう、結婚してくれてありがとう」という義人さん。

子育てして、みんながやりたいことをやるために頑張りましょう。と美奈子さん

子育てって本当に難しいですけど、父親だって認めてもらえるように頑張ります、と義人さん。

まだはじまったばかりです。

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です