ひるね姫はパクリ?声優一覧!宮崎駿ベイマックスとの類似点をまとめ!!

「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」のネタバレと、パクリ疑惑についてまとめてみました。

「君の名は。」「この世界の片隅に」など、アニメ映画が盛り上がっている中での公開に、期待度が高まりますが…

パクリ?宮崎駿さんや細田守さん、ベイマックスと似ている点があるとのことで…調べてみました。

「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」とはどんな物語?





監督:神山健治
公開日:2017年3月18日(土)

ひとことで言うと:岡山県倉敷市児島を舞台に瀬戸大橋のたもとののどかな町で暮らす親子の絆を夢と現実を結び付けつつ描写している作品

「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」あらすじ予告

岡山県倉敷市児島、瀬戸大橋のたもとののどかな町で無愛想な父親と二人暮らしをしている平凡な女子高生の森川ココネ。





得意技は昼寝で、いつも昼寝ばかりしている彼女だったが、最近、不思議なことに同じ夢ばかり見る。そして2020年、東京オリンピックの3日前に突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。

どうしようもない父親ではあるものの、悪事を働いたとは思えないココネは、父親逮捕の謎を自力で解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう。

その途中、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、この謎を解決する鍵があることに気づき、得意技である「昼寝」を武器に、夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出る。

「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」ネタバレ

・「君の名は。」のような映画とは違う
・ラブストーリーはない
・ロボットアニメ

「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」声優一覧

女優・俳優を多数起用しています。

森川ココネ:高畑充希
モリオ:満島真之介
渡辺一郎:古田新太
ジョイ:釘宮理恵
佐渡(森川モモタローの悪友):高木渉[3] 雉田:前野朋哉
森川イクミ:清水理沙
志島一心:高橋英樹
森川モモタロー:江口洋介

「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」主題歌は高畑充希

主題歌:森川ココネ(高畑充希)「デイ・ドリーム・ビリーバー」





忌野清志郎のロックバンド、タイマーズの1989年のシングル。
最近はセブンイレブンのCMソングとして起用されているので、知っている人も多いのでは?
高畑充希さんが歌うとかわいい声に抑揚があって、すてきですよね。

ひるね姫はパクリ?宮崎駿ベイマックスとの類似点をまとめ!!

神山健治監督は、学生時代からアニメーション制作に興味があり自主制作などを行っていました。

「スタジオ風雅」などを経て、映画監督の押井守さん(細田守さんではありません)の「押井塾」で技術や演出方法などを学び『攻殻機動隊』『東のエデン』などを担当。その後「ひるね姫」を制作しています。

「ひるね姫」は「君の名は。」に似ているところが多々あります。

最近のアニメ映画は似た絵柄にも見えますが、それだけではなくパクリだと言われている理由は2つあげられると思います。

1つめは、主人公の夢がキーポイントになっているところ。
2つめは、田舎の女子高生が東京に出ていくところ。

1つめの「主人公の夢がキーポイント」
「君の名は。」でも、主人公の男女が夢を通じて入れ替わる設定でした。





2つめは、その世界観と主人公の行動が「君の名は。」と似ているところ。「君の名は。」では、架空の田舎の村に住む女子高生と、都心に住む男子高生が主人公でしたが、今回の「ひるね姫」でも、岡山の田舎で暮らすココネが東京へ向かいます。

さらに、そのビジュアルイメージも似ているような…。

「君の名は。」は2017年3月現在も上映されているくらいの超大ヒット映画。

少しでも似ている設定があればパクリだと言われてしまうのかもしれません。

また、宮崎駿さんとの関係ですが、神山健治監督は押井守さんの弟子的な位置なので、宮崎駿さんと密接な関係があったわけではありません。





宮崎駿さんの息子である宮崎吾朗さんと、「偉大な父・師匠を持つアニメーター同士」対談している記事がありましたが、とても面白いです。

www.excite.co.jp/News/reviewmov/20130111/E1357838509740.html

神山健治監督は「シン・ゴジラ」も企画協力しており、庵野秀明さんや宮崎駿さんともつながりがあるのでは。

神山健治監督は現在50歳、細田守さんや新海誠さんなどの世代のアニメーター監督は、76歳の宮崎駿さんの影響は少なからず受けているといえます。

「ひるね姫」とベイマックスとの類似点?

「ベイマックス」と「ひるね姫」についてですが、「ひるね姫」に登場するロボットは、「ベイマックス」でロボットの原案を手掛けたコヤマシゲトさんが担当しています。

なので、パクリというより作者が同じなので似た雰囲気をもつのは当たり前なのかもしれません。

試写を見た方の感想を見ていると「カリオストロの城」「リメイク版 REIDEEN」「パシフィック リム」「風の谷のナウシカ」「オズの魔法使い」などに似ていると感じた人もいるそう。

神山監督は「重苦しい現実と対峙していかなければならない時代に、アニメーション映画がやるべきことは何か? 自問自答していたある日、『自分の娘に観せたい映画を作ったらどうだ』と言われふっと天真爛漫な女の子とお父さんの物語が浮かんできました。でもこれがなかなか一筋縄ではいかずどうしたら娘に観てもらえるかを考えながら奮闘する毎日でした。この物語は、あるミニマムな個人の想いに寄りそった『父と娘の物語』です」

とコメントしています。見る年代によって捉え方もいろいろありそうですね。