いきもの吉岡聖恵のカップ美脚太もも画像が過激!スリーサイズは?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加




 

いきものがかりの人気も、もう安定したものですね。

 

最近では、三井住友銀行のCMに自らが出演し、新曲「翼」を披露しています。

「バズリズム」に出演するということでも話題になっていますね。

 





本記事では、そんないきものがかりの紅一点、ボーカルの吉岡聖恵さんについて、カップや美脚、太もも、スリーサイズなど、過激で気になるところを画像とともにチェックしていきたいと思います!

 

いきものがかり吉岡聖恵のプロフィール

吉岡聖恵 

名前:吉岡 聖恵(よしおか きよえ)

生年月日:1984年2月29日(32歳)

出身:神奈川県厚木市

学歴:神奈川県立海老名高等学校、昭和音楽大学短期大学部卒業

血液型:A型

身長:165cm

体重:46kg

いきものがかりのボーカルである吉岡聖恵さん。

 

吉岡聖恵さんがいきものがかりに加入したのは1999年11月のことでした。

現メンバーである水野良樹さんと山下穂尊さんの同級生だった、1歳年上の兄に電話で呼び出され、2人が小田急小田原線相模大野駅前で行っていたストリートライブに飛び入り参加たのがきっかけだったそうです。





 

そのため、水野さんと山下さんは同い年ですが、吉岡聖恵さんは彼らの1歳歳下にあたります。

ユニット名である「いきものがかり」は、男性2人が小学校時代に生き物係だったことが由来となっています。メインである吉岡聖恵さんは、関係ないんですよね(笑)

 

そんな吉岡聖恵さんは、2002年に昭和音楽大学短期大学部へ進学しましたが、歌に対して挫折を味わったこともあるそうです。

 

音大のレベルの高さに驚き、自分の最大の武器であった歌が全く通じなかったことから「歌いたくない」というスランプに陥ったとのこと。

今となっては有名シンガーなので、あまり信じられないような話ですね。

 

そのスランプにより一時活動を休止しましたが、活動再開のために水野さんが懸命に説得をしました。

しかし、それも上手くいかず、説得する度にケンカになり、1年近く平行線を辿ったままだったそうです。たしかに吉岡聖恵さんって、結構頑固というか、気の強い女性のイメージがあるので説得するのは大変そうですね。

 

そして、結局この活動休止問題は、当時海外旅行から帰国したばかりの山下さんが1日で説得に成功したそうです。





水野さんが熱く語りかけ説得しようとしたのに対し、山下さんは持ち前のあのユルさで、吉岡聖恵さんを上手く説得したのでしょう。3人の性格の相性が、こういったところに垣間見れますね。

 

現在の活躍を思うと、活動を休止しなくて本当に良かったですね。

 

いきものがかり吉岡聖恵のカップ・スリーサイズは?

いきものがかり吉岡

いきものがかりの吉岡聖恵さんですが、歌声がかわいらしいのはもちろん、そのルックススタイルも話題を呼んでいます。

 

最近では、カワウソに似ていると騒がれていましたね。

これは褒め言葉なのかわかりませんが(笑)

 

そんな吉岡聖恵さんのカップスリーサイズが気になるところ…

 





ですが、残念なことに公表はされていませんでした。

グラビアアイドルでもなく、アーティストだからですね。

 

そのため、ネット上では吉岡聖恵さんのスタイルについて、様々な憶測が飛び交っています。

 

一番多かった意見は、カップはBカップだろうということです!

たしかに、そこまで大きすぎず小さすぎず、程よいカップのように見えます。

 

また、男性2人と一緒にいて妹気質であるためか、普段は背が小さく見えるのですが、身長は165cmと意外と大きいです。

それに加え、腕や脚が細いことから、スタイルがよりよく見えるのでしょう。

 

スリーサイズについては、B70・W60・H80あたりが、ネット上では相場となっています。

歌声だけでなく、かわいらしいその容姿に惚れたファンも少なくはないでしょう。





 

いきものがかり吉岡聖恵のかわいい画像!カップ・美脚・太ももが過激

スポンサードリンク
[ad]

 

いきものがかりの吉岡聖恵さんの、かわいい画像をまとめました!

カップや美脚、太ももなど、過激で気になるところに注目ですね。ぜひともご参照ください。

 

吉岡聖恵

吉岡聖恵か

吉岡聖恵かあ

吉岡聖恵カップ

吉岡聖恵ふともも

130401_111129

吉岡聖恵もも

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る