漫画・本

【漫画】2/25発売「ママレード・ボーイlittle」3巻 吉住渉

ママレード・ボーイ little 1 (マーガレットコミックス)

元祖ママレードボーイの小石川 光希&松浦 遊の妹と弟が主人公。
要士と留美の娘の松浦 立夏と、仁と千弥子の息子の小石川 朔…ってちゃんと年をとっている漫画です。

光希& 遊、他なつかしい人も出てくるので昔からのファンにとってはいいのかな?

 

前作 『ママレード・ボーイ』 でのハッピーエンドから13年……。
社会人となった小石川 光希&松浦 遊のカップルは、結婚は保留にはしていたが、幸せな同棲生活を続けていた。そんな二人の両親Sには、それぞれ子どもが誕生していた。要士と留美の娘の松浦 立夏と、仁と千弥子の息子の小石川 朔。二人は、複雑な家庭環境の中で、姉弟のような関係で育ってきた。
かつて、光希と遊らが通った私立桐稜大学附属の、中等部に入学した立夏と朔。そこで、名村慎一と茗子の息子の名村 碧に傘を貸してもらった事から、立夏は彼に一目ぼれをしてしまう。同じく、学年一の美少女である笹宮 レナが、朔にアプローチを開始する。しかし、朔のことを《弟》として扱う立夏に対して、朔は《姉》と思ったことはなく「立夏が好きで、結婚する」と宣言する。
互いの恋愛を成就すべく、レナと協力することになった立夏は、朔と碧を誘ってダブルデートをするが、碧には彼女がいることが判明して……!?

ママレード・ボーイ little – Wikipedia

 

 公式ページも


ママレード・ボーイ little「吉住 渉」 

ママレード・ボーイ little 1 (マーガレットコミックス)

ママレード・ボーイ little 1 (マーガレットコミックス)

 

 桐稜大学付属中学に通う松浦立夏。姉・光希と兄・遊はひとり立ちし、同い年の朔と父二人、母二人の6人暮らし。ふつうの家族だと思っていたけど実は結構、複雑みたいで…?

 

ママレード・ボーイ little 2 (マーガレットコミックス)

ママレード・ボーイ little 2 (マーガレットコミックス)

 

碧くんに彼女がいる!? 立夏の頭は、その疑惑でグルグル状態。そんな時、弟分だと思っていた朔の意外な一面を知り、立夏の中に今までなかった感情が芽生え始めて…。そして光希&遊カップルに新展開が!? 

 

3巻はこちら

 

ママレード・ボーイ little 3 (マーガレットコミックス)

ママレード・ボーイ little 3 (マーガレットコミックス)

 

 漫画家の吉住渉さんは、一橋大学経済学部卒。大手電機メーカーNECに就職。しばらくは営業担当のOLと平行して漫画を描いていた。
一橋大学時代はテニス部に所属しており、部の1年後輩に楽天の三木谷浩史、2年後輩にインデックスの小川善美がいる。

ってすごくね?

お話も上品で知的な感じがします。(先入観?!)

 

ただ…「ママレード・ボーイ little 」 については、あまりお話が面白いと感じません。主人公が中学生だし、感情移入しにくいのかも。

一つ屋根の下で生活していたきょうだいが、いつのまにか男性として意識…?!とかね。。。

光希と遊が社会人になって同棲しながら結婚まで持ってく話のほうがココハナには合ってたのかな~なんて。。。

 

 

関連記事