HARUHIって誰?世界から猫が消えたなら主題歌「ひずみ」画像動画

 

佐藤健宮﨑あおいが出演し、川村元気の原作が実写映画化され話題になっている「世界から猫が消えたなら」。5月14日から全国東宝系での公開が決定しており、既に濱田岳などの豪華キャストが発表されて注目を集めています。

 





そんな「世界から猫が消えたなら」ですが、新たな情報が話題を呼んでいます。それは、主題歌規格外の新人が抜擢されたということです。

主題歌「ひずみ」を歌うそのアーティストの名はHARUHI。「ひずみ」は1stシングルとなっており、5月11日にデビューすることが発表されました。デビュー以前の採用ともあって、誰?と思う方がほとんどでしょう。今回の大抜擢で2016年ブレイク確実のアーティストとなること間違いなしです。





 

本記事では、映画「世界から猫が消えたなら」の主題歌「ひずみ」を歌う、新人アーティストのHARUHIについてチェックしていきましょう!

 

「世界から猫が消えたなら」主題歌を歌うHARUHIって誰?気になるプロフィール

HARUHI

生年月日:1999年2月25日

出生地:ロサンゼルス

年齢:16歳

デビュー前なので、情報が少ないですね。申し訳ありません。

ですが一部ネットの噂によると、音楽プロデューサーであり当映画「世界から猫が消えたなら」で音楽担当をしている小林武史の娘であるとのことです。既に離婚していますが、My Little Loverのakkoとの間に生まれたのがHARUHIだと言われています。





 

そんなHARUHIは、12歳の時に、学校でのミュージカルで主役を演じた経験があり、数ヶ月間の練習と本番を経て歌手への志を持ったそうです。

また、HARUHIが本格的に楽曲を作り始めたのは13歳の時でした。ルーツ・ミュージックからオルタナティブ・ロックまで、幅広い音楽性を学び吸収し続けたHARUHIは、次世代を担う真の女性アーティストであると言われていました。即興性を含む柔軟で鋭敏な歌唱表現力や、楽曲制作力に定評があります。

そして、ライブやレコーディングなどの活動を通して、数々のミュージシャンとのコラボを経験していきました。そういった実践経験で身についた柔軟さや、圧倒的な歌唱力を土台に、HARUHIとしての独自の音楽スタイルを創りだし、 期待の新星として成長してきました。

 





今回の「世界から猫が消えたなら」主題歌の「ひずみ」には、そんなHARUHIの圧倒的な量と質を兼ね備えた経験実力が、顕著に表れていると思います!

実際にHARUHIの「ひずみ」を聴いてみてください。フルverではありませんが、肌に心に痺れるものがあります。

 

注目の新人アーティストHARUHI、その実力は本物!各界で絶賛の声





 

映画「世界から猫が消えたなら」の主題歌に抜擢され、大いに注目されている新人アーティストHARUHIですが、その実力は既にお墨付きのようです。原作者の川村元気や監督の永井聡、またrockin’on JAPANの山崎洋一郎から以下のようなコメントが添えられています。

以下引用

聴いた瞬間に、間違いなく本物のシンガーだと思った。
しかも、今の時代には稀有な、
本質的な意味での「ロック」の本物のシンガーだと思った。
歌を歌うということの緊張感と真剣さとある種の畏れが、
きちんと声の「震え」になっている。
そしてそれを恐れずに歌い切る勇気と意志が、
きちんと声の「強さ」になっている。
そして、その強さを暴走させずに
しっかりと聴き手の心に届けようとする責任感が、
声の「冷静さ」になっている。
ほんの限られた人だけが持つ、本物のシンガーの、
本物のロック・シンガーの資質をすべて兼ね備えたその歌声。
しかもまだ16歳だという事実に僕は驚きすら感じた。
ソングライターとしての力も、破格だ。
求められていることに応えるための声ではなく、
何を求めているのかを聴く者に気づかせる力を持った声。
ジョンやカートの例を出すまでもなく、
どんな国でもどんな時代でも
音楽シーンの新章を始めるのはいつだってそんな声だ。
HARUHIの歌声は最初から、僕には信じるに値する歌声に聴こえた。

山崎洋一郎(rockin’on JAPAN)

 

三年前、僕はイヤホンを指で押さえながら震えていた。
はじめてHARUHIの歌を聞いたときのことだ。
すぐにこの声に映像をつけて、
大きなスクリーンで観たいという衝動にかられた。
子どものような無垢な声で、大人を超える深い表現をする。
女性の繊細さがありつつ、男性の力強さがある。
規格外のスケールを持つ新人があらわれたことに
心の底から感動していた。
あの衝撃から三年、今まさに夢が叶ったことを本当に嬉しく思っている。

川村 元気 (映画プロデューサー・小説家)

 

物語を伝えるかのように歌い、
一瞬にして曲の世界観に引き込むHARUHIの声。
微笑んでいる少女のような、泣いている少年のような、
不思議な感覚にさせてくれる。
僕は1小節聴いて、彼女の起用を決めた。
映画のエンドクレジットは、ただのスタッフ紹介では無く
本当のラストシーンだと思っている。
HARUHIの「ひずみ」は悲しい物語に希望と安らぎを与えてくれた。

永井 聡 (CMディレクター・映画監督)

【詳細】HARUHIオフィシャルサイト

 

このように、経歴・実力ともに文句のつけどころのない、規格外の新人アーティストHARUHI

今回の「世界から猫が消えたなら」での大抜擢により、さらなる飛躍を遂げることでしょう。2016年大注目のアーティスト、これからの動向も要チェックです!