櫻井翔 父の現在!桜井俊は三井住友信託銀の顧問として再雇用!何するの



嵐の櫻井翔さんのパパである桜井俊さんが、三井住友信託銀行の顧問に就いたことが28日にわかりました。何するの!?








嵐の櫻井翔さんの父親である桜井俊さんは、2016年6月に総務省を退官。
同時期に行われていた都知事選への出馬要請をかたくなに断り、その後の動向が気がかりでしたが…
このたび、三井住友信託銀行の顧問に就いたことがわかりました。
三井住友信託銀幹部によると、「フィンテックなどのIT関係事業を拡大する上でアドバイスをいただく狙い」とのことで、定年退職(退官)後の第二の人生も充実したものになるようです。
元々、表に出るタイプではなく都知事選の時も最初から最後まで一貫して断りの姿勢を見せており、加熱するマスコミに対し数回会見のような形で意見を述べられていたのが印象的でした。
櫻井さんは1977年に旧郵政省に入り、通信やIT行政に長く関わりました。
その経歴や性格、手腕を買われて…ということもあるかもしれませんが、ぶっちゃけていえば一般官僚の天下りが全国紙にてバラされてしまったような形になりました。
天下りに関しては一般的に批判されがちですが、個人的にはこれまでの経歴や頑張り、家柄、人脈など様々な要因があって天下れると思うので、一概にずるい!というような感情はありません。定年後も働ける環境を自分で作っていきたいものです。
櫻井さんにとってはこのように自身の進退が報道されることは不本意だと思いますが、嵐のパパとしては仕方ないことなのかも。何か動きがあれば記事になってしまうほど、嵐のネームバリューが凄いということになりますね。
他にも様々なオファーがあるのかもしれませんが、堅実な櫻井俊さんのこと。
静かに、淡々と業務をこなしていくのでは…。第2の人生も頑張って欲しいです。