エンタメ

KAT-TUN田口くん脱退の理由と亀梨和也の立ち位置について

KAT-TUN田口くん脱退の理由と亀梨和也の立ち位置について、勝手に語りたい。

ジャニーズについての私の知識は、「幼稚園で光GENJI、小学校低学年でSMAP、高学年~中学でTOKIOとkinki、V6、その後はデビューを全体的に見守り、現在もジャニーズのシングル曲、顔と名前と大きい事件はだいたい把握している」ぐらいである。

年末のスペシャル歌番組は全部見るタイプなので、ボーッと11月24日も「ベストアーティスト2015」を見ていた。10数年前に比べて歌番組の楽しさは何故か半減しているのだけれども、見ずにはいられない。そこでKAT-TUNがいきなりお話があると。田口くんがKAT-TUN辞めるってよ。

本人からコメントの後、亀梨くんが企業の重役かのような神妙な面持ちでコメント。謝罪会見のようであり、赤い衣装を纏いながらもお通夜のような雰囲気であった。
私のような一般人からすると、KAT-TUNはジャニーズの中ではヤンチャなイメージで、デビュー当時は「亀梨・赤西・その他」のような認識だった。その後赤西くんが色々あって辞め、田中くんが辞め…今回田口くんが辞めるということも、正直「ふーん」というのが率直な感想である。
田口くん以外のコメントを見ると、説明が不十分で脱退理由に共感できない感じを見て取れる。共感できないというか、ファンが納得するような説明がうまくできないという感じだろうか
  • 田口「来年の春をもちましてKAT‐TUNを離れ、ジャニーズ事務所を退所することになりました」
  • 亀梨「今の自分としては、どの言葉で気持ちをお伝えすれば良いか、正直分かりません」
  • 上田「本人には何度も説得を試みましたが意志が固く、このようなご報告を申し上げることとなり、自分の力不足を痛感しています」
  • 中丸「田口の今後の具体的なビジョンは聞いておりません」
現在のところ、事務所は解散を否定し、「残るメンバーにとって最良の方法を協議し、改めてご報告させて頂きたいと存じます」としている。
と、色々見てきたけど田口くんはとりあえずジャニーズ辞めたいんだろう。となるとKAT‐TUNも辞めるしかない。脱退しても事務所に残りソロになるならまだビジョンがありそうで、説明もしやすいかもしれないが、辞めたいがガチの理由を全部言う訳にはいかないからこんな感じになったのでは。
ガチの理由、、、田口くんは女優の小嶺麗奈さんと交際しており、年齢も上のため結婚かとも言われている。ジャニーズの結婚は昔より寛大というか、「なくはない」が、「KAT‐TUNの田口が結婚」となると「TOKIOの国分が結婚」よりもあぁ…という感じになる。結婚するしない、以外にも言えない事ってそりゃーあるだろうなと。
30歳になりこのままこの業界でこの立ち位置で良いのか…この先どうしよう、変化するなら今が良いのかも…など、一般の30歳と同じように転機を迎えたのではないだろうか。仕事も多く要領も良く器用な亀梨くんを傍で見ていると「自分は何が出来るのだろう」と私なら考えてしまいそう。要は転職なのだろうが、芸能人は大変である。
ここで気になるのが、亀梨くん。ジュニア時代は結構ヤンチャだったはずなのだが、KAT‐TUNとなり仕事量が増え、問題をいくつも乗り越えていくうちに「KAT‐TUNで人気のある人」ではなく人格者のような存在になっていった。仕事に対する姿勢、ファンへの対応などここ数年は更に磨きがかかっている。将来ヒガシのようになるのは間違いない。田口くんの脱退を発表したベストアーティスト放送日以降、ジャニーズファミリーショップに亀梨くんが訪れファンと話したり握手をしたりしたそうである。これが神対応か。

亀梨和也、ファミクラに現れる – Togetterまとめ http://togetter.com/li/905140

元々の性格ももちろんあるのだろうけど、しっかりせざるを得ない状況になってしまったのかなと。同じくメンバーが多く抜けたグループとしてNEWSがあるが、4人になりバランス感覚が良くなったのかとても楽しそうに見える。各自の仕事もグループの仕事も順調で、それに比べるとKAT‐TUNは亀梨くんの比重がずっと重く見える。
田口くんは11/30、文化放送「レコメン!」に出演し以下のようなコメントをしている。
「僕の説明が不十分だったために皆さん、メンバーに戸惑いを与えてしまったことに申し訳なく思います」
全てのファンの皆さんを納得させることができてない現状にすみませんとしか言えません」
「今後いい方向に向かえる努力いたします。そして今僕がKAT‐TUNとしてできるのは、最後まで全力を尽くすことで、皆さんと成長してきたこの10年間を走り切ることだと思っています」
KAT‐TUNとしては頑張るが、今後のことは触れていない。そっとしておいてほしいのだろうが…。ジャニーズを辞めた人は一定の興味を持たれ続けるので、今後が楽な道かといえばそうではないと思う。転職頑張れ。KAT‐TUNを走り切った後の田口くんに幸多からんことを願っています

5人の時の記憶もあまりない…

★☆★おすすめ書籍★☆★
関連記事