コミック

雪花の虎ネタバレ20話!東村アキコがヒバナで連載!上杉謙信女性説!!

「雪花の虎」第20話のネタバレです。
作者は東村アキコさん。上杉謙信女性説を描いた歴史モノで、講談社ヒバナという雑誌に掲載されています。
「雪花の虎」のあらすじ、20話ネタバレ、感想など!
スポンサーリンク


「雪花の虎」とは…あらすじまとめ!歴史が苦手でも読める漫画



「雪花の虎(ゆきばなのとら)」は、上杉謙信女性説という歴史上のあくまでも噂の域を出ていない奇説を取り上げた歴史漫画です。
上杉謙信なんて名前しかしらない!という歴史に弱い人でも、東村さんが漫画の中で分かりにくいところを説明したり補足したりしてくれるコーナー「アキコのティータイム」があり飽きることなく読み進められます(逆に歴史が好きな人にはいらないのかも??)。
物語は、上杉謙信が女性として生まれ、女性でありながら戦国時代を駆け抜けていくストーリー。基本的には歴史に忠実です。
また、漫画「なぜ上杉謙信が女性かもしれないと言われているのか」という説明にかなり割かれており、また説得力もあるため「もしかして…?」と読むものを楽しくさせてくれます。
コミックスでは2016年10月時点で1~3巻まで発売中なので、是非手に取ってみて下さい!
スポンサーリンク


「雪花の虎」20話ネタバレ!ついに当主となった景虎が迎える新キャラ!



兄が隠居し、長尾城の当主となった

「雪花の虎」20話の感想

スポンサーリンク


関連記事