ほんとにあった怖い話2017ネタバレあらすじ全まとめ!手越祐也・野村周平・北川景子



  • このエントリーをはてなブックマークに追加




「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017」全てのドラマのネタバレあらすじをラストまでまとめる予定です。

手越祐也さん、野村周平さん、遠藤憲一さん、北川景子さん、杉咲花さんなど豪華なラインナップとなっています。

 

「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017」番組概要

番組名:ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017





日時:2017年8月19日(土)21:00~23:10

出演:「ほん怖クラブ」館主 稲垣吾郎、ほん怖クラブ2017メンバーズ

 

「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017」リアルホラードラマあらすじ

或るマンション

出演:手越祐也(NEWS)他

清掃会社に勤務する稲葉秀一(手越祐也)。他人と関わる仕事が苦手なため大学卒業後、特に目標ものなく、仕方なくこの仕事についた。ある日古びたマンションの清掃を担当することになり、エレベーターでサラリーマン風の中年男と乗り合わせる。





エレベーターが上がるにつれ、蒸し風呂のように暑かったはずなのに、ゾクっと寒気を感じ、妙な物音を耳にし、嫌な空気を感じてしまう。そして先にエレベーターを降りた秀一が振り返ると、赤い服を着た髪の長い女が中年男に張り付くように立っていた。

程なくして、忘れ物をとりに再び駐車場に戻ると、なんとあの中年男が飛び降り自殺を図っていたのだ。恐怖のあまり立ち尽くす秀一。しかし現場検証をする鑑識員の背後にまたあの赤い服の女が立っていたのだ…。しかし一瞬目をそらすと消えていた。亡くなった人と一緒にエレベーターに乗っていたとは言えずにいた。

こんなこと忘れようとしていたが、担当エリア内なのでまたあのマンションへ清掃に来た秀一。すると管理人に声をかけられる。防犯カメラに秀一の姿が映っているので、確認のためだった。慌てた秀一はあの女のことを説明しようとすると、管理人から以前にも奇妙なことがあると話す。そのため監視カメラの映像を残しているようだった。

管理人曰く、自殺があったとかそういう過去は一切ないという。どうしたらいい?と管理人から頼み込まれるが怖くなり逃げた秀一。

申し訳ないと思いつつ仕事に戻ることに。8階を掃除しているとエレベーターから誰かが下りてきた気配を感じる。近づいてみると…特に何も起こらず、エレベーターは閉まったのだった。

翌週、別の物件に向かう途中、あのマンションの近くを通った時のこと。管理人が自殺して運ばれていくところだった。

事務所へ戻り、同僚があのマンションの自殺について話題にしていると、秀一がそれを制止した。一人事務所に残る秀一。自分に対して腹が立ってもいた。何かすべきことがあったのではないかと思っていた。

このままにしてはいけないと思い、夜中に一人マンションへ向かう秀一。エレベーターに乗り込み8階に。廊下で女らしき姿が見え、笑い声が聞こえる。驚き逃げる秀一。急いで階段を駆け下りるが、下から女らしき姿が迫る。廊下に通じるドアもあかず、女は近づいてくるばかり。助けて!と声を出すが反応はない。また8階にもどり廊下で転んでしまう秀一。近づいてくる女。

急いでエレベーターにのボタンを押し、ギリギリのところでドアが閉まり1階へ降りようとするが…腰が抜けて上を見ると…女が白目を向いて浮かんでいた…!

あの女は一体何だったのでしょうか。あれから清掃会社を辞め、あのマンションへ近づくこともなくなった今、その理由を知るすべはありません。





 

出演:野村周平、温水洋一、室井滋 他

旧家の古い蔵の解体作業を依頼された工務店勤務の間宮和幸(野村周平)。

百年以上開いていないという先祖代々守られてきた蔵。鍵を渡され一人で確認すると、中にはさまざまなものが入っていたが、二階にポツンと一つだけ箱が置いてあった…。

その箱は、ふたも開け口も見つからずなぜかガサガサと音がするだけ。さらに箱の写真を撮影してみると、そこには白い光の点や細い光の線が映り込んでいた。

蔵の中のものは業者が引き取ったが、箱は中身がわからないということで引き取ってもらえなかった。解体の依頼者である家主に箱のことをたずねても、「引き取ってくれ」という一点張りで、箱の正体を明かしてくれない。

ある夜、間宮は我慢できなくなり箱がある蔵へ向かう。そして箱に手をかけて持ち上げた。すると中からガサガサと音がして箱が動き出す。驚いた間宮は蔵の外へ走り出す。依頼主に鉢合わせて聞くと「江戸時代からある先祖代々の祭祀物です。触ってはいけないと言われてきた」と話す。

翌日、社長(室井滋)と蔵へ。社長はこういうことに詳しく、箱を見るなり「昔はこういう箱もよくあったのよ。これほどの箱はないわね…。」社長は数珠を持ち箱を開けだした。手をかざしているとフタが現れ、ズレた。

間宮が箱を開けると、左手だけが10本入っていた。この家が代々繁栄できたのはこの箱があったからですか…と間宮が答えるが、箱を覗くと3本の手が動いているようにみえた。

あの家は、箱を撤去してからしばらくしてみるみる運気が下がっていったらしい。その箱は今、事務所にある。まだ使える3人を社長が手元に残したようです。間宮はこの3人に敵と思われているのか、味方と思われているのか…知る由もありません。

 

お墓はどこでしょうか





出演:遠藤憲一、大友花恋 他

長峰修(遠藤憲一)の家に代々言い伝えられてきた、なんとも奇妙かつ不可思議な話。その言い伝えとは、「家長が“白い服の女を見た”ということを人に話すと、その家長は必ず死ぬ」という恐ろしいものだった。ある夏の日、家族でお盆の墓参りに行った修は、白い服を着た女を偶然目にし、そのことを家族に話してしまう。その日から 白い服の女が修の家にも、たびたび姿を見せるようになり…。

 

コール

出演:北川景子、志尊 淳、川栄李奈 他

看護師の深川京香(北川景子)がつとめる総合病院の417号室に入院していた患者が深夜に何度もナースコールを鳴らし、苦しみながら亡くなり、その日から、誰も入院していない417号室のナースコールが毎晩、繰り返し鳴るようになる。以降、417号室に入院してきた患者が突然死する事態が相次ぎ、やがてその部屋は「死に部屋」と呼ばれ始めた。同僚看護師の横山詩織(川栄李奈)は京香に、「あの部屋は使わないほうがいい…」と警告するが、京香は「そんな噂に振り回されてどうするの」と、主任という立場上、この不穏な状況を認められないでいた。そんなある日、京香の弟・篤史(志尊淳)が大ケガをし、京香の病院に運び込まれ、417号室に入院することになり・・・

 

影女

出演:杉咲 花、石井杏奈、横澤夏子 他

河村佳奈子(杉咲 花)は、バイト先の先輩・夏乃(横澤夏子)が最近まで住んでいた部屋に引越し、憧れの一人暮らしを始める。だが、その寝室の壁には黒い小さなシミのようなものが・・・。ぞうきんでこすっても消えなかった。

バイトで夏乃に聞いてみるが、タイミングが悪くはぐらかされる。彩美と電話している時に写真たてが落ち、割れてしまう。シミが気になりだしてからバイトでも普段しないようなミスをしてしまい、体調もすぐれなくなる。

「ここに住んでた夏乃さんが何か事情を知ってて隠してるんじゃない?」と親友の彩美(石井杏奈)は夏乃を問い詰めるべきだと言うが、「確かに少し怪しいところはある。でも、普段からお世話になってる夏乃さんにそんなことできないよ…」と佳奈子は迷う。彩美はシミを気にしつつも恋バナに夢中。

翌日、家に帰ると…元カレから同窓会の催促が。LINEを返していると彩美から電話がくる。すると背後に視線を感じ…シミがまるで人のような形になってしまった。





そんな中、大家に事情を説明し、壁紙を張り替えてもらいホッとした佳奈子だった。元カレからのLINEを返していると、直後、さらに大きな人影のような黒いシミが浮き出てきて・・・!

夏乃に聞いてみるが、シミもなかったしおかしなことは起こらなかったという。”そういうこと”に詳しい人がいるから、と怪しげな女性を紹介され、翌日会ってみると「あなた生霊に取りつかれてるわよ」と言われる。彼氏と関係あるみたい…という。顔をよーく見てみて、知ってる人よ、と忠告される。

顔の部分を見てと言われたもののなかなか壁に近づけない。そのまま部屋で寝てしまい、起きると電気が消えてしまった。振り返ると影がこちらまで近づいている!

「誰なの!?なんでこんなことするの!?」

同窓会会場にやってきた佳奈子と彩美。楽しそうに話す2人だったが…

 

生霊の正体、それは彩美でした。

彩美は元カレのことが好きで私が彼とヨリを戻すのを不安がっているようでした。そんな彩美に、好きな人がいるけど内緒、と話しました。本人に自覚はなかった様子。本当に怖いものだと思いました。

元カレたちと撮った写真を箱にしまおうとする佳奈子。その背後には彩美の生霊がまだ…

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る