LINEのアイコンが変わった!理由は?葉っぱや水滴に変更し話題

 

日本国内で5000万人以上のユーザーを抱える コミュニケーションアプリの「LINE」。

 

そのアイコンが突如変わったと話題になっています!

 

突然の変更により、戸惑いの声が多数あがっているようなので、変更した理由などについて詳しく見ていきましょう!

 

LINEのアイコンが変わった!葉っぱに水滴のアイコンに

LINE

 

今回、LINEのアイコンが変わったということですが、元のアイコンが上記の画像になります。

 

そして、今回変更したのがこちら!



LINE

 

4月15日前後から突如、このようなアイコンに変更しました。

 

「LINE」の吹き出しは今まで通りですが、真緑だった背景が、葉っぱのようなデザインになっており、水滴までついていますね。

 

熊本での地震が心配され、SNSを始めとした通信機能が多く利用されている中、突然のLINEアイコンの変更ということで、戸惑いの声が多くあがっているようです。

 

LINEのアイコンが変わった理由は?

今回、突然LINEのアイコンが変更されたわけですが、その理由として「梅雨」のシーズンを意識したものではというものが言われていました。

 

しかし、まだ4月中旬ということもあり、梅雨に合わせた企画としては少し早すぎる気がしますね。



 

そこでLINEのアップデートに関する情報を調べてみたところ、 どうやら地球の自然環境保護の一環である「アースデイ」に合わせた変更のようです!

 

また、今回は期間限定での変更ということで、4月25日には元のアイコンに戻ると思われます。



 

この「アースデイ」は、国際連合にて採択されたもので4月22日に当たります。

 

その日に合わせた変更ということですが、同じく期間限定で、売り上げが全てWWFに寄付されるスタンプの販売も行われるそうです。



 

さらに、LINEディズニーツムツムのアイコンも同時に変更されたようですね。

LINE、ツムツム

 

どちらも緑を基調とした、爽やかなデザインとなっています。

 

期間限定ということなので、気軽にアイコンを楽しむとともに「アースデイ」についても興味を持ってみてもいいですね!