ナスディレクターはなぜ黒い?ウィトは取れるの?嫁は森崎友紀か



  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ナスディレクター(ナスD)こと、友寄隆英さんについてまとめています。ナスディレクターが何で黒くなったのか、取れるの?という【黒い謎】と、結婚・嫁・ディレクターなどの【プライベート】についてスポットをあててみました。

 

ナスディレクター(ナスD)友寄隆英さんのプロフィールと経歴!

テレビ朝日 「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」という番組に出演しているナスディレクター。





本名は友寄隆英(ともより たかひで)さんといい、番組ゼネラルプロデューサーです。プロフィールを簡単にまとめてみます。

http://www.oricon.co.jp/news/80725/full/





本名:友寄隆英(ともより たかひで)
愛称:ナスディレクター(ナスD)
年齢:1974年生まれ(43歳)

19歳からアシスタントディレクターのアルバイトを始め、フリーディレクターを経て2003年にテレビ朝日入社。現在43歳。これまでに『いきなり!黄金伝説。』、『お試しかっ!』、『「ぷっ」すま』、『SMAPがんばりますっ!!』、『よゐこの無人島0円生活』などの人気番組を手掛けています。

以前から不思議な魅力のある人としてインタビューされたり、タレントさんからの信頼も厚いようです。そんな人気者とはいえ裏方だった那須ディレクターが、バラエティでメインを張ってしまってます!

 

ナスディレクター(ナスD)の黒い理由!取れるの?酒飲み過ぎで気絶…

なぜナスディレクターという名前がついたかというと、真っ黒だから。炭?土??果たして取れるんでしょうか?そしてお酒に以上に強かった…順に説明していきます。

ナスディレクターは、2017年から放送されている旅バラエティー番組「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」ではゼネラルプロデューサーとして番組制作を担当。

番組は、部族アース・豪華客船アース・ドローンアース・釣りまアース・ミステリーアースの5つの企画があり、ナスディレクターは部族アースの取材ディレクターも担当しています。

かなり破天荒な行動や言動から人気を集め、出演者のように扱われています。2017年5月2日放送分では、現地の川魚を生で食したり、タトゥーの原料の強力な染料となるウィトという果物の汁を、現地住民の「美容に良い」という言葉を信じてしまい、取れないとは知らず全身に塗りたくったため全身真っ黒になってしまったりなど、現地住民をも驚かしていました。この時塗った汁がしばらく取れず、まっっ黒のままロケを続けているのでナスディレクターという愛称(?)が。





この真っ黒肌は水に濡れると紫色になり乾燥するとまた黒色に戻るなど、時間や情況、気温などによって変色するため、変色の原因となったウィトという植物から出来る染料はカメラからでた光を貫通させる性質を持つため、夜間にカメラのナイトショット機能で撮影すると肌が一時的に元の色に戻っています。そんな凡人ではなしえない行動や言動が多く、かつまっすぐで純粋な目に視聴者はとりこになってしまっています。

今回の部族アースとしての取材は、U字工事さんとナスディレクターが担当。

特番時代に放送されたペルーを出発点に、世界各地の様々な部族と接触しています。戦闘部族であるアワフン族や、泥染部族であるシピボ族などを取材し、ジャングル客船「ヘンリー5号」でアマゾンへと向かいました。この船の中で、眠らずにスタッフ顔負けに働きまくった結果、ナスディレクターは船長はじめ各地の人に気に入られて現地のお酒を特別にごちそうになることに。

なんと50度を越えるウォッカやラムを水のように何杯も飲みまくるナスD。4日間不眠不休でテンションがさらに上がったのか、現地の人も思わず絶句するほどでした。船が目的地のイキトスについて乗客らが降りていると、一緒にロケしていたU字工事がナスDを見失う。するとナスDは気絶していて現地の人にかつがれていた!!!ナスD大丈夫?この続きが7月2日に放送されます。

メインだったU字工事さんを食いまくってしまったナスD。VTRもさることながら、スタジオでの小峠さんやカズレーザーさんのつっこみもおもしろいです。お見逃しなく!

ナスディレクターのその後が見られるかも?黒いの取れたのかな…予告では少しだけ薄くなってましたが…





 

ナスディレクター(ナスD)の嫁は森崎友紀?「夫が秘境の地から帰ってきた」

ナスディレクターは結婚しているの?嫁は誰?と気になるところですが、ナスディレクターは一般人のため公式な情報はありません。

しかし料理研究家でタレントの森崎友紀さんではないか?という情報があり調べてみると…ブログに「秘境の地 アマゾンから帰って来た」との記事が。さらに

多種多様な民族がどんな食事を食べているのか、
私も研究したいと思います!!
お土産話楽しみです。

との記載も。夫が旅立つ姿を撮ったもの。

これナスディレクターなのかな?

2016年12月19日のブログ記事で出発、2017年1月9日の記事で帰ってきたとあるので、かなり長い期間のロケだった様子。

アマゾンを経て、ペルーのリマからの帰京。

とあるので、ナスディレクターで間違いなさそう。クリスマス、年越し、お正月と家をあけていたナスディレクターですが、森崎さんも理解あるようでお土産を紹介したりと夫婦仲はとてもよさそうです。





森崎友紀さんは2016年1月15日、41歳の一般男性と結婚したことを所属事務所を通じて発表。妊娠5か月であることも報告されました。お相手の男性は2012年春に仕事を通じて出会い、交際に発展。2015年12月に都内区役所に婚姻届けを提出したとありますので、ナスディレクターと年齢や出合った場所(仕事)も一致しますね。

森崎さんはその後2016年4月1日にホリプロを退社 (株)UNITY MAGENTA代表として独立し、2016年6月15日、第1子出産。ナスディレクターはお父さんでもあったんですね!

※とかいいながら決定的な証拠はありませんので、間違ってたらすみませんm(__)m

 

ナスディレクターは元の肌に戻れたのか!?現在のナスディレクターは!?

気絶してその後どうしたの?

全ては2017年7月2日(日)よる6時30分から!!テレビ朝日系列で放送です!!!

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



About the site?

「SAMURAI JOURNAL」は、忙しい現代人のために、厳選したニュース・トレンド情報などを届けるウェブメディアです。 知っておきたいお得な情報を隙間時間にまとめて読むことができます!
ページ上部へ戻る