Youtube

ヒカル田口翔ホワイトナイトに!働く会社はどこ?対談内容まとめ

ヒカルが田口翔被告のホワイトナイトとして資金提供・関連会社で働けるよう調整しているとして話題になっています。

田口翔被告は、町から入金された4630万円が誤りと知りながら、一部を別の口座に振り替え、不法に利益を得た罪で3度起訴されています。

この記事では、ヒカルがなぜ田口翔被告を助ける形になったのか・いくら資金提供したのか・どこの会社で何をするのか?等をまとめています。

ヒカルが田口翔被告のホワイトナイトに!経緯と「ホワイトナイト」って何?

ヒカルが田口翔被告を待ち構えていた経緯

8/1(月)、山口県阿武町の4630万円誤振り込み事件で、田口翔被告が保釈されました。警察署で待っていたのはYoutuberのヒカル。今後、ヒカルが関連する東京の会社で雇われ、裁判が終わるまでは山口県内から在宅で働けるように調整しているということです。

田口翔被告は「このたびは、私の行動で多くの方にご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。保釈後は仕事をして、借り入れたお金を少しずつ返済していこうと思います。田口翔」とコメントしています。また、田口被告の弁護士の会見によると、ヒカルは340万円を建て替えていたことも明らかになっています。その340万円を働いて返す形になるようです。

また、髪の毛が伸びていたことについては「勾留が拘置所ならば散髪できると聞いているが、警察署なので散髪ができなかった。2か月も勾留が続くことを想定していなかったのだと思う」とのことです。

また、警察署には元迷惑系YouTuberのへずまりゅうさんもいたそうで、突撃しようとして止められたとのことでした。

https://twitter.com/hezuruy/status/1554017697184092160?s=20&t=LJ7pIDz4G5fnt558JOCqoQ

ホワイトナイトってなに?

ニュースで言われている「ホワイトナイト」とは、本来証券用語で、『敵対的買収を仕掛けられた対象会社を、買収者に対抗して、友好的に買収または合併する会社のこと。白馬の騎士になぞらえて、このように呼ばれる。』とのこと。

今回のヒカルと田口翔被告については、お互いが友好的な関係・条件で契約書を交わしたのでしょう。ヒカルは名前が大々的に報道され、YouTubeのコンテンツとしてもバズり、田口翔被告に仕事を与えて返済してもらうという関係性を構築。田口翔被告は保釈金を立て替えてもらい、山口県内で働けるよう(裁判後は東京に?)仕事を与えてもらい。win-winという感じですね。

ヒカルが田口翔被告のホワイトナイトに!8/1(月)釈放当日に対談

8/1(月)19時半に、田口翔被告と対談した動画をアップすると告知されました。視聴者が気になることを聞いてくれるものと期待しています。対談の内容は配信後にまとめます。

 

ヒカルが田口翔被告のホワイトナイトに!働く会社はどこ?

ヒカルの関連する東京の会社、ということですがヒカルはいくつかの会社を持っており、また関連する会社も多いです。出役としてYoutuberになるというのは考えにくいので、裏方となるとどこの会社でも可能性はありそうですが…。ヒカルの関連する会社をいくつかピックアップしてみました。

・株式会社シュプラス
 └ヒカルが社長、まえっさん(兄)が副社長を務める会社。ロケマサ、名人などが所属。業務としては編集メイン?

・株式会社サムライパートナーズ
 └動画にもよく出てくるヒカルのマネージャー的存在、入江さんが代表の会社。

 

・株式会社ギルド
 └もう一人のヒカルのマネージャー、高橋さんの会社

 

サムライパートナーズ・ギルドともに今回の保釈に至るまで水面下で色々と動いていたことがわかります。7/28にヒカルはツイキャスを行い、その中で「死ぬほどニュースになること1個だけあるが、延期に延期を重ねている。メディア的にはすごいことになると思うが、賛否あると思う」というようなことを話していました。きっと田口翔被告のことだったのだろうと思います。

会社としてはこの3つが有名ですが、表に出ていない会社もあると思いますし田口翔被告が働く会社を公表するかどうかはわかりません。

また、なぜヒカルが手を差し伸べたのか?について、元々ギャンブル属性が高くお金に関する企画が多いこと、田口翔被告が「オンラインカジノに使った」「うまくいけばお金を増やせると思った」などと発言していることから自分との相性が良い、他のYouTuberは同じことをできないだろうと思ったのだろうと察します。

まだ24歳で、してしまったことは消えませんが凶悪犯罪かというと役所側のミスもありました。これからいくらでもやり直せるという若者に手を差し伸べたいと思ったのでしょう。ヒカルにとっては340万円がなくなろうと、もし田口翔被告が逃げたりしても、それをコンテンツにすれば収益があがるのでどういう結末になってもおいしいでしょう。

ヒカルはニュース配信と同時に、インスタのストーリーでこんなつぶやきをしていました。

ファンはもちろんですが、アンチというか名前しか知らないような層も気になってしまう存在になるかも!?

ヒカルが田口翔被告のホワイトナイトに!働く会社は「究極のブロッコリーと鶏胸肉」

動画の中で、ヒカルは弁護士から4000万円貸してくれないかと連絡があったことがきっかけで今日にいたると話していました。

また、ヒカルが株30%を持つ会社「究極のブロッコリーと鶏胸肉」で働くことが発表されていました。裁判が終わるまでは、リモートで働くためマックブックや携帯も渡されていました。経過は本人がツイッターでつぶやいていくようです。

試食したり、色々と会話もしかなり前向きに仕事をしようと考えているようでした。雇用形態や給与については明確にされていませんでしたが、これから頑張ってもらいたいですね!

https://twitter.com/QBT_CEO/status/1554097528802402305?s=20&t=5vCKjqeBpRl9Ykcc0CWS7A

ヒカルと「究極のブロッコリーと鶏胸肉」については以前動画になっていますので、気になる方はこちらもご覧ください!

関連記事