前田健が心肺停止!原因は持病のB型肝炎?飲食店の場所はどこ?

 

あややこと松浦亜弥さんのモノマネなどで有名な、お笑い芸人の前田健さんが、24日突然倒れ意識不明の重体との報道がありました!

 

突然の出来事に、世間では心配の声も多くあがっています。

 

原因はいったい何なのでしょうか?

 

詳しく見ていきましょう。

 

前田健が心配停止!意識不明の重体に

前田健

 

報道によりますと、前田健さんは24日の午後7時10分頃新宿の路上で突然嘔吐し、倒れこみ心肺停止になったとのこと。

 

また、その直前である午後7時頃までは、飲食店で1人で食事をしていたそうです。

 

現在は搬送先の病院におり、未だ意識不明の重体とのこで、最悪の場合も考えられ不安が頭をよぎります。

 

前田健さんはまだ44歳と、年齢的にはそう衰えていないはずなのですが、突然の出来事に驚きの声が多くあがっているようです。



 

いったい前田健さんに何が起きたのでしょう?

 

前田健が心配停止の原因は、持病のB型肺炎?

前田健

 

前田健さんが今回倒れこみ、心肺停止の状態とのことですが、その原因は何なのでしょう?

 

前田健さんは倒れる前は嘔吐をしており、その後意識を失ったということで、その際に頭を強く打った可能性が考えられます。

 

また、前兆として「嘔吐」という症状が発生する脳梗塞や脳出血も挙げられますね。

 

脳出血の場合には、意識障害や脱力が起こり身動きが取れなくなってしまいます。

 

さらには、嘔吐物が自らの気道を塞ぎ窒息してしまうこともあるそうです。

 

その他としては、心筋梗塞であった場合には吐き気が症状としてあげられるため、その可能性もあります。

 

そのような症状や病気が懸念されますが、どうやら前田健さんは以前より持病を持っていたとのことがわかりました。

 



前田健さんをよく知るタレントによると、B型肝炎の持病を持っており心臓が弱いとのこと。

 

また、「不整脈なのか、飲みの席で『あ、ヤバイ。心臓がドキドキしてきちゃった』と言ってうずくまることがあった。肝炎の影響で仕事を休んでいたこともある」との証言もあり、今回倒れこんで意識不明の重体になったのも持病の影響が大きく考えられます。

 

前田健さんは現在も意識不明の重体とのことで、最悪の場合も考えられます。

 

【関連記事】



前田健が意識不明の重体の原因や理由は何?病名や現在の容態は?

 

とにかく、前田健さんの無事を祈るばかりですね。

 

前田健が心配停止の直前にいた飲食店の場所はどこ?

前田健さんは、倒れる直前には飲食店で1人で食事をしていたそうです。

 



直前にはご自身のTwitterに、このような投稿も見られます。

 

こちらは新宿三丁目の「イヴォ・ホームパスタ」というお店。

 

場所は新宿三丁目の繁華街だそうです。

 

Twitterを見ると、前田健さんは頻繁にこの界隈を訪れていたみたいようです。

 

そんな前田健さんはお笑い芸人として活動する傍ら、副業にも取り組んでいました。

 

以前には高円寺で飲み屋を営んでおり、最近では新宿二丁目の飲み屋で雇われ店長もしくは店員として働いていたそうです。

 

そんな前田健さん馴染みの場所で救急搬送されたということで、前田健さんをよく知る界隈の人間からも心配の声があがっているようです。