世にも奇妙な物語18秋の特別編ネタバレあらすじまとめ

11月10日(土)放送の「世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編」のネタバレあらすじをまとめています。

11/10(土)土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編』

11月10日(土)21時~23時10分

フジテレビ系列 土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編』

「幽霊社員」佐野史郎・勝地涼

存在感ゼロの“幽霊社員”と過労死した“本物の幽霊”との友情を描いた、クスッと笑えて心温まる人間ドラマです。主人公の工藤良治(佐野史郎)は、とある建設会社の社史編集室でひっそりと働くサラリーマン。周りの社員から「あんな人、ウチの会社にいましたっけ?」と陰口を言われるような覇気の無い人間で、仕事への情熱はとっくの昔に失っており、定年まであと4年、余計なことをせずに平穏に過ごそうと心に決めていました。そんなある日、会社のトイレに入った工藤は、過労死したはずの若手社員・里山秀平(勝地涼)に遭遇します。里山の姿が見えるのはなぜか工藤だけ。しかも会話までできてしまう工藤に、「最後の仕事をどうしてもやり切りたいんです!どうか力を貸してください!」としつこくせがまれた工藤は、里山がやり残した仕事を渋々引き受けることになってしまい…。
仕事に全くやる気の無い“幽霊社員”の工藤は、仕事に未練を残して“幽霊”になってしまった里山の願いをかなえることができるのか?そして、里山は無事成仏できるのか?年齢も性格も違う、二人の“幽霊”がぶつかり合いながらも徐々に絆を深めていく異色なバディードラマ、「幽霊社員」にぜひご期待下さい。

 

「あしたのあたし」国仲涼子



「あしたのあたし」は35歳の主婦、斉木香織が主人公。

弁当屋でアルバイトをしていますが、“どんなに頑張ったところで今日と同じ明日がやってくるだけ”だと、刺激のない退屈な生活を送っていました。夫の拓也ともすっかり倦怠(けんたい)期に入り、トキメキとはほど遠い状況です。そんなある日、香織のスマホ画面にバナー広告らしきものがポップアップされ、そこには“あしたのあたし”という文字が…。興味本位でアクセスすると、いきなり香織本人の姿が画面に現れ、映画の予告編のような動画が流れ始めます。元カレで医者の小野寺修二と再会を果たす香織。“元カレとの再会”、“神様もう一度恋をしてもいいですか?”と、まるでラブストーリーのような展開です。「なんなのこれ…」と、もう一度再生しようとしますが、“視聴済みのため再生できません”という表示が。翌朝、いつもと変わらない日常が始まり、すっかり動画のことなど忘れかけていた香織ですが、目の前に修二が本当に現れて―。

“あしたのあたし”動画で予告されたことが翌日現実に起こる。そんな不思議なことが幾度となく繰り返され、香織は元カレ・修二と急速に心の距離を縮めていきます。そして物語はクライマックスへ…。“最終回”で事態は急展開! 修二の恋人、加藤由佳との対峙(たいじ)。 夫・拓也に降りかかる危機…。後半に向かうにつれ加速していくジェットコースターのような展開。そして想像を絶する“まさか”の結末…。

「クリスマスの怪物」川栄李奈・本郷奏多

「クリスマスの怪物」はジュエリーショップの店員・小野寺奈央が主人公。

クリスマスイブが近づき、IT企業社長で恋人の緒方良輔にすてきなホテルディナーを予約してもらった奈央は、その日良輔からプロポーズされることを期待しています。気がかりはクリスマスイブになると必ず現れる、不気味な装いの“怪物”の存在。ボロボロのコートを羽織り、背中が大きく曲がっている醜い姿の“怪物”。ボサボサの髪に覆われているため表情は見えません。この“怪物”は、7年前に起きたある事件を境に、クリスマスイブになると奈央の前に必ず現れるようになります。イブ当日、良輔とホテルのレストランで食事を終えた奈央は、良輔から「先に部屋行ってて」と言われ、一人ホテルの部屋へ向かいますが、廊下の先にその“怪物”が立っていて―。一体怪物の正体は何者なのか? そして、7年前に起きた事件とは…? 

原作:「クリスマスの怪物」は、直木賞作家、朱川湊人さんの短編集『水銀虫』(集英社文庫)に収録されている「薄氷の日」



 

「脱出不可」坂口健太郎

ある日、目を覚ました主人公の志倉真司。そこはコンクリートの狭い部屋の中。喉の渇きを癒やそうとドアの方へ向かいますが、施錠されていて外に出ることができません。「何だこれ、暗証番号?」ドアをたたいても応答はなく、なぜか携帯電話も時計も見当たらず…。途方にくれていると突然、部屋の中にある4つのモニターが起動します。1つには真司自身の姿、その他のモニターには真司と同じ境遇の男女3人がそれぞれの部屋で困惑する様子が映し出されています。画面下には“視聴者数”の表示。“脱出ゲームスタート。三重にかけられたロックナンバーを見つけ出し脱出せよ”の文字が出ると、“なにこれww”“ドッキリ?”など、視聴者のコメントが矢継ぎ早に流れ出します。どうやら4つのモニターに映っている映像は、インターネットを通じて不特定多数の人に閲覧されているようです。ふと、“視聴数を稼ぎ、視聴者からヒントを集めることで突破口を見つけられるかもしれない”とひらめいた真司は、視聴者の力を借りながら脱出を試みますが・・・。一体、なぜ真司は密室に閉じ込められてしまったのか? そして脱出ゲームの主犯は何者なのか…? 



 

「マスマティックな夕暮れ」玉城ティナ

優等生の女子学生・凛子(りこ)が主人公。



夕暮れ時、自転車を川沿いに走っていた凛子は不良少年グループの文哉(ふみや)、一成(かずなり)、大知(だいち)、宗徳(むねのり)の四人に行方を阻まれます。「乱暴しないで下さい!」と身構える凛子ですが、不良の口から「てめえ…勉強できんのか?」と意外な質問が。「…ええ?」拍子抜けして調子が狂う凛子に、「勉強できるんだったら、ドウシンエン(同心円)の描き方を教えろ!」とドスを効かせる少年たち。訳が分からないまま、突如現れた不良少年を相手に、凛子は同心円の描き方を教えることになります。

不良少年たちが同心円の描き方を知りたい理由はただ一つ。事故で死んでしまった仲間、隆(たかし)を生き返らせるため…。リーダー格の隆を突然の事故で失い悲しみに暮れていた少年たちはある日、道ばたで「黒魔術」と書かれた古書を偶然拾います。ページをめくると「死者蘇生の方法」が書かれているのですが数学用語だらけで全く理解できません。四人とも勉強は大の苦手…。途方にくれていたそのとき、偶然自転車で通りかかったのが凛子だったのです。同心円の描き方を理解した一同ですが、古書を読み進めると、つるかめ算、植木算など次から次に数学の壁が立ちふさがります。四則計算から高等数学までありとあらゆる数学の知識が必要とされる死者蘇生の手順…。「俺たちに数学なんてできんのかよ…」と弱気になる少年たちですが、「私も手伝います」と凛子。

その日以来、放課後になると凛子を囲んで勉強会をする日々が始まります。次第にめきめきと学力を伸ばす少年たち。そして不良の一人、文哉と凛子に恋の予感…。はたして彼らは隆を生き返らせることができるのでしょうか? 勉強、友情、そして恋に全力投球する少年少女の交流を描き、数学と青春が融合したユニークなコメディー作品「マスマティックな夕暮れ」にご期待下さい。

www.fujitv.co.jp/kimyo/topics40.html